PMS 治療薬の種類

HOME > PMS(月経前症候群)の症状を緩和する治療薬の種類

PMS(月経前症候群)の症状を緩和する治療薬の種類

毎月1回はくる生理痛。
生理前になるとイライラしたり腰痛や腹痛、全身筋肉のコリを感じたり肩こりから片頭痛になったりします。月一回だけのPMS(月経前症候群)ですが無理せずにお薬に頼ることも大切です。PMS(月経前症候群)の症状を緩和する治療薬は症状によって違います。頭痛や腰痛などの症状は鎮痛剤が効果あります。

痛み止めですが、市販の生理痛改善の薬でも治ります。肩こりからくる片頭痛に効く市販薬は種類も豊富です。婦人科でも処方されますが「ロキソニン」即効性があって婦人科で処方してもらえるので利用している女性が多い薬です。

「バファリンルナ」頭痛と生理痛により腹痛にダブルで効きます。胃に優しく思春期の女の子でも安心して飲めるのが特徴です。市販薬では他にもイブA錠、エルペインコーワなどの種類があります。精神的にくる方は低用量ピルが処方されます。
ピルときくと避妊薬で副作用もすごいイメージがありますが女性ホルモン薬なのでPMS(月経前症候群)治療にも処方されます。副作用があるのがデメリットとなります。

PMS(月経前症候群)も精神面でつらい場合は精神安定剤や抗うつ病や安定剤が処方されます。飲むとすぐに効果がありますが依存性があるため最終手段として服用はさける事を医師から言われます。

PAGE TOP